CFDが投資初心者におすすめの理由とは?

将来の為に貯金をしている人は多いと思います。
老後のため、子どものため、旅行にいきたい、マイホーム資金がほしい…
何かしら理由があったり、何かあったときのために備えておく人もいるでしょう。
しかし、銀行の金利ってとても安いですよね。
定期預金にしても、雀の涙もいいところ…
口座に入れた金額以上の物を期待することはできませんよね。

そこで今の時代、その資産を増やすために投資を始める方が増えてきています。
例えば株式投資やFX。
このあたりは初心者の方でも始めやすいものだと思います。
しかし、投資は始めるまえにある程度まとまった金額が必要となります。
数十万円程度では利益も少なくなってしまいますし、もし損失が出てしまった場合は損失分をカバーできなくなってしまいます。
証券会社によっては、最初に預ける証拠金も100万円以上などと決まっているところも多いので、少額の資金しかない方には始めるところも難しいでしょう。

しかし、少額の資本金しかない初心者にも、おすすめの取引方法があります。
それが「CFD」です。

CFDとは、日本語にすると「差金決済取引」のことです。
差金決済とは、例えばある個別株を10,000円で買って10,500円の時に売れたとします。
通常は、10,000円を払って10,500円を受け取りますよね。
差金決済では、10,000円と10,500円の差額である500円のみが口座に支払われます。
逆に損失が500円出れば、口座から500円を支払うのです。
このように売買した差額のみを決済するのが、CFDの特徴です。

また、レバレッジをきかせて少額の証拠金で多額の取引も可能になります。
レバレッジが20倍ならば、証拠金100万円でも2,000万円の取引ができてしまいます。

CFDは、差金決済ですから口座へのお金の出入りが少なくてすみます。
さらにレバレッジを利かせることで、少額の証拠金でも多額の取引ができ、多額の利益を得やすいのです。
まさに資本金が少ない初心者向けの取引だと思いませんか?

CFDは個別株やFXだけでなく、株価指数や金・銀と言った商品にも対応できます。
投資初心者におすすめの理由が、ここまで読めば理解していただけたことでしょう。

日経平均株価などに連動する投資商品

株式投資を始めている方は、個別株への投資にリスクを感じいている方も多いと思います。
個別株は、その企業の業績などが大きく株価に反映されます。
今までは上昇傾向にあった株価が、いきなり下落することもあります。

そのため、最近では日経平均株価やTOPIXなどの株価指数に投資をしたいと、考えている方が増えてきています。
株価指数は大きく株価が上下することもないため、リスクを減らして投資ができるからでしょう。

しかし、株価指数に投資する…ということは、直接はできません。
そのため、連動する投資商品がいくつかありますので、そちらを利用する方が増えてきています。

例えばインデックスファンド。
インデックス(日経平均株価やTOPIX)に近づけることを目標にする投資信託のことです。
少額で投資ができますが、デメリットとしては一日一回しか売買ができないことなどが挙げられます。

そして日経225先物取引なども、有名です。
先物取引なので、あらかじめ取引を「予約」しておくことになります。
現在日経平均株価が10,000円で、これを2日後に買う予約をします。
もし2日後に11,000円に株価が上がったとしても、予約した10,000円が適用されるため、1,000円得して買うことができます。
これが先物取引の大きな特徴です。
差金決済であるため、1日に何回も取引することも可能です。
またレバレッジをきかせて、手持ちの証拠金の数倍の取引をすることもできます。

CFDでも、株価指数に連動した投資をすることもできます。
CFDは株価指数以外にも、通常の株式投資やFXにも適用される取引の方法です。
また、金や銀・原油などの商品にも対応されるため、幅広い分野に投資をしたい方に選ばれている方法です。
差金決済でありレバレッジをきかせての取引も可能なため、分散投資に利用する人も多いです。

このように、日経平均株価などの株価指数に投資をする方法はいくつかあります。
資産やニーズ・自分の生活習慣などに合わせて選ぶといいでしょう。

くりっく株365はメリットが多く始めやすい

株式投資を始めたいと思っている方は、おそらく固有株を購入して売る…という方法しか考えてないと思います。
確かにそれも株式投資ですが、他にも投資には様々なものがあります。

例えば株価指数先物取引。
日経平均株価やNYダウ平均株価を取引する方法です。
個別株は各企業業績などが大きく反映されますし、初心者には銘柄を選ぶ手間がかかり難しいと思うでしょう。
株価指数ならば、日本国内ならば日経平均株価が一般的ですから、選ぶ手間もはぶけるでしょう。

株価指数先物取引ならば、くりっく株365がメリットが多くおすすめです。
くりっく株365とは、東京金融取引所に上場された日本初の株価指数証拠金取引(CFD)です。
通常の株価指数先物取引との大きな違いは、ポジションの保有が無期限であることでしょう。
日経225miniもありますが、こちらはポジションの保有は3ヶ月と決められているので、自分のタイミングで取引できないデメリットもあります。
また、日経225miniは金利と配当が含まれた価格での取引となるので、取引価格は実際の日経225とは異なります。
その分くりっく株365は、金利と配当は含まれていませんので、日経225に近い価格で取引が可能となります。

そしてくりっく株365はCFD取引です。
CFDとは差金決済取引のことで、売買した差額を取引する方法です。
くりっく株365は「株価指数」を取引するものですが、例えば10,000円の時に買って11,000円で売れば、差金決済の場合は1,000円受け取るだけで取引が完了します。
逆に損失を出した場合。10,000円で買ったものを9,000円で売れば、1,000円の損失を支払う。
これが差金決済の特徴です。
正確には金利や配当も加わりますので、金額が変わることがあることを頭に入れておいてください。

このように、くりっく株365はメリットが多く初心者にも始めやすいでしょう。
ポジションが無期限であるというところが、多くの投資家に指示されているようです。
これから投資を始めたいと思っている方は、くりっく株365を候補に入れてみていはいかがでしょうか。

株価指数証拠金取引は初心者にも始めやすい

株式投資って、うまく値上がりすればいいけれど、下落した時の損失が怖い…
投資を始めてみたいけれど、初心者には手が出しにくいと感じる人も多いでしょう。

実は、投資にも初心者におすすめのものがいくつかあります。
例えば「株価指数証拠金取引」です。
文字だけみると、とても難しいものに思えるでしょう。
では「株価指数」「証拠金取引」とわけて考えればいかがでしょうか?

株価指数とは、日本ならば日経平均株価やTOPIX。アメリカならばNYダウなどのことを指します。
要するに、その国で選ばれた銘柄の固有株たちの平均の株価というわけです。
この株価指数を知ることは、相場を良く知るポイントとなります。
例えば日経平均株価が上昇していれば相場の調子が良い。逆ならば調子が悪い。ということです。

次に証拠金取引ですが、証拠金を選んだ証券会社に預けて取引をする方法です。
なぜ証拠金を預けるか?
損失を出した場合は証拠金から損失を出すことができます。
そのための証拠金だと思っていいでしょう。

というわけで、株価指数証拠金取引とは、株価指数を対象に証拠金取引をするものというわけです。
株価指数証拠金取引は、日経平均株価などの日本国内の株価指数だけでなく、NYダウなどの国外の株価指数も対象となるので、自分のニーズや資産・生活リズムに合わせて選ぶことができます。

実は、この証拠金取引は初心者にも始めやすい投資なのです。
例えばここ数年注目されている「くりっく株365」「日経225先物取引」なども、株価指数証拠金取引のひとつです。
これらは、少額の証拠金でレバレッジを利かせて高額の取引が可能となります。
レバレッジが10ならば、100万円で1000万円の取引が可能です。
ですから、初心者で資産の少なめな方にも始めやすい投資となります。

ちなみに似たようなものに「CFD」があります。
CFDは「差金決済取引」で証拠金取引でもありますので、似たようなものだと思って大丈夫ですよ。

株価指数証拠金取引の特徴など、詳しくはこちらを見るとわかりやすいと思います。
「東証見聞録」は、株価指数証拠金取引をいくつか説明しています。
こちらを見れば、初心者の方でもどのような取引なのかわかるでしょう。

CFDはNYダウなどの株価指数への投資も可能です

株やFXなどの投資を始めて、資産を増やそうとする人が増えてきています。
資産を増やす…とまではいかないけれど、家計の足しにしたい・旅行のために資金を増やしたいなど、副業として始める人も多いですね。

投資と一言で言っても、実は様々な投資の形があります。
株式投資にしても、固有株に投資するのか?株価指数への投資にするのか?
FXならば、どこの国の通貨にするのか?
自分のニーズや資産に合わせて選ぶ必要があります。

また、投資の方法にも通常の投資と違う「CFD」というものがあります。
CFDとは「差金決済取引」のことです。
株や外国為替を売買した差額のみを取引する方法です。
また証拠金取引でもありますので、50~100万円と言った少額の資本金でも、レバレッジをきかせて1000万円以上の取引をすることが可能となります。

CFDはあくまでも「取引の方法」を指しているので、実は固有株やFX以外にも株価指数や金・銀・原油と言った現物への投資も可能です。
株価指数と言えば日本では「日経平均株価」が一般的ですが、CFDではNYダウなどの海外の株価指数への投資も可能です。
NYダウ平均株価は、日本の日経平均株価が225銘柄から構成されるのに対して、30銘柄のみで構成されています。
少ないと不安を感じるのが日本人ですが、NYダウに関しては選ばれた30銘柄が採用されていますし、将来有望な企業ばかりが採用されています。
今後の企業業績も上昇が期待できるところばかりですので、初心者でも安心して投資が開始しやすいのです。

投資初心者の方は、このような日経平均株価やNYダウをCFDで始めてみるのもいいでしょう。
ただし、レバレッジがきくCFDでは、利益だけでなく損失も大きくなることを忘れずに。
本来ならば5万円の損失も、レバレッジが20倍ならば100万円の損失に変わります。
ハイリスク・ハイリターンであるCFD。
メリット・デメリットをしっかりと頭にいれて、投資を始めるようにしましょう。